元国際グローブ空手道協会 日進会館・山本一貴の破門につきまして

謹啓、武道・格闘技・キックボクシング・空手各流派様には益々の御清祥の段、大変至極に存じ上げます。

元国際グローブ空手道協会 日進会館総本部・元内弟子・山本一貴
2017年4月現在 30歳(MAウェルター級 ランキング4位)

兵庫県姫路市在住の上記の者、武道・格闘技の渡世上において許しがたい不都合の段が多々ありまして、国際グローブ空手道 日進会館総本部にて会談いたしました結果、平成29年4月末日にて【破門処分】と処遇いたします。

なお、御道場・GYM・各流会派様には、「客分・縁組・交友・交流・商談・拾上げ・移籍・各プロ・アマ問わず、再デビュー・試合等は、如何なる理由をもちましても一切固くお断り致します。

上記の者は、本道場の内弟子という立場であり指導員の身でありながら、話し合いにて解決出来る事が難しい状態で有り、今この時も当人との解決方法がみつからず、元の鞘に戻す手立てがない為、止む無く上記の処分と致します。

このご時世、礼儀作法や常識・責任を守れない個人が多いように思われます、フリーの選手・フリーの団体・フリーな交流という言葉が流行りのなか、不誠実・不義理な退会・脱退が多く感じられます。

伝統・歴史ある組織・全体の筋道・秩序の統制が保たれる様、全国のグローブ空手・キックボクシング・他流派・他団体の皆様に是非ともご協力をお願い致したい処遇で御座います。

最後に、友人・知人のお言葉をお借りいたしますが、選手を育てていく上で教育とは、強育(志・精神・正義感の育成)であると思っております、他流派・他団体様の皆様、今回の処分状の件よろしくお願いいたします。

国際グローブ空手道
日進会館 総本部

 

破門処分状

スポンサーリンク